紫外線ダメージから肌を守るために必要な事とは?

紫外線ダメージから肌を守るために必要な事

紫外線が肌に良くない事は多くの人が知っている事でしょう

 

。でも、紫外線対策をしっかりできていない人もいるのでは?ここでは紫外線ダメージから肌を守るために必要な事を解説します。

 

紫外線の恐怖

 

紫外線が肌の大敵である事はよく知られている事ですが、それでもうっかり日焼けしてしまうとか、UVケアをしっかりできていない人はいますよね。

 

それは紫外線の怖さをよく分かっていないからではないでしょうか?紫外線が怖いのは、ずばり肌老化を早める事です。紫外線を浴びた肌は肌を守ろうとメラニン色素を作り出しますが、それが上手に排出されないとシミの原因になります。それだけではなくて紫外線は真皮にまで達して、肌の弾力を守る役割があるコラーゲンを傷つけます。それがしわやたるみの原因になります。つまりは肌の老化を確実に進行させてしまうのが、紫外線と言えます。紫外線対策をしている人としていない人では10年後は大きな違いになります。

 

UVケア対策

 

日焼け止め化粧品の効果は塗る量がカギになります。例えばSPF値が20のものを塗っても量が少なくてはSPF値10くらいの効果しか期待できません。

 

日焼け止め化粧品は使うとべたついていやという人もいます。そのような人は頬骨あたりに少し多めに塗りましょう。紫外線によるシミは頬骨あたりからでき始める傾向にあります。さらにより確実に紫外線をカットするには日焼け染化粧品の上に、パウダーファンデーションを重ねるようにすると良いでしょう。パウダーファンデーションの色粉は紫外線散乱剤と似ているからです。ファンデーションが肌に残っているとレーザーの光を跳ね返すくらい効果があります。

 

パウダーファンデーションは日焼け止め効果を宣伝したものでなくても、UVカット効果が期待できます。中でもファンデーションはパウダータイプが良いですね。リキッドやクリームタイプの場合は海面活性剤が多く含まれますので、肌荒れになる心配があります。紫外線対策をしないといくら食事や化粧品に気を付けても、肌トラブルが起こりますよ。うっかり日焼けをしてしまう事もありますから、日ごろから十分に紫外線には注意しましょう。