野菜の中でもピーマンは特にビタミンC含有量が多い野菜

野菜の中でもピーマンは特にビタミンC含有量が多い野菜

しみが発生するのは、メラニン色素が大量に分泌されるためだと言われています。

 

メラニン色素とは、メラノサイトと呼ばれる細胞が活性化されることで分泌量が多くなる、黒褐色をした、まさしくしみそのままの色をした色素です。では、何故メラノサイトが活性化するのかと言うと、これは肌を外的ダメージから守るためです。たとえば肌を強くこすってしまったとか、どこかにぶつけてしまった、あるいは紫外線を浴び過ぎてしまったと言う際には、肌には大きなダメージが加えられています。

 

そのダメージから肌を守るために、メラノサイトは活性化してメラニン色素を放出しています。特に紫外線は、肌に対してのダメージがとても大きい存在とされています。紫外線を浴び過ぎると、体内では活性酸素と呼ばれる、強い酸化力を持った物質が大量に発生します。酸化とは錆びのことですから、肌を錆びつきから守るためにメラノサイトは活性化し、それに伴いしみができてしまいます。ですからしみの発生を防ぐためには、活性酸素に対抗する力、抗酸化力を食品などから体内に取り入れることが必要不可欠です。抗酸化力を持った成分として挙げられるのが、ビタミンCです。ビタミンCは様々な食品に含まれていますが、特に野菜には多く含まれています。

 

そして野菜の中でもピーマンは、特にビタミンC含有量が多い野菜です。更にピーマンには、βカロテンやビタミンE、その緑色のもとであるクロロフィルと言う成分も豊富に含まれています。実はこれらの成分にも抗酸化力があるため、活性酸素による肌ダメージから肌を守る、またその錆びつきを予防する、改善するためにはうってつけの食品だと言うことができます。更に粘膜の潤いを保つ作用があるビタミンAも多く含まれています。しみをできるだけ早くに改善するためには、肌の生まれ変わりであるターンオーバーを促進させることが必要不可欠です。そしてそのためには、肌の健康状態を保つこと、特に肌に潤いを与え、保持させることが重要です。

 

よってこうして観点から見ても、やはりピーマンはしみ改善に良い食品だと言えます。ちなみにピーマンは様々な色のものがありますが、赤ピーマンは緑のものが完熟したものです。よってビタミンやβカロテンの含有量は、緑のものよりは赤いものの方が多いと言われています。レシピに関してですが、実はビタミンCは熱に弱いと言う性質があります。よってビタミンCを含んでいる食品の中には、加熱調理することでそれが大幅に失われてしまうものも多くあります。しかしピーマンに含まれているビタミンCに関しては、ビタミンPの作用により加熱に強い性質を持っています。またビタミンAの吸収率は、油と摂取することでより高くなります。

 

ですからレシピとしては、炒め物調理が最も適していると言うことができます。たとえば細切りにして、お肉や油揚げと一緒に油で炒め醤油と砂糖で味付けをするだけでも、十分に美味しく食べることができます。苦味が苦手だと言う人は、さっと湯通ししてから粗く刻み、バナナと牛乳、砂糖と合わせてミキサーにかけてジュース状にすると、美味しく味わうことができます。