ポリフェノールの効果とは?どんな食品に含まれているの?

ポリフェノールの効果とは?どんな食品に含まれているの?

代表的な美容成分のポリフェノールの効果には、よく「抗酸化力」という言葉が使われます。

 

しかし、この言葉は知っていても、実際にどうはたらくのかまでは知らないという方も多いのではないでしょうか。漠然と、身体に良いから積極的に取っているというのでも構いませんが、どうせならどう効果があるのか知っておくと、効果を実感できた時に嬉しいですよね。今日はそれを勉強していきましょう。

 

そもそも抗酸化力とは?

 

人は、紫外線にさらされたりストレスを受け続けると活性酸素というものを作りだしてしまいます。そしてこれは有害なもので、酸化力と殺菌力があるため健康な細胞までも傷つけてしまうことがあります。それと戦ってくれるのがポリフェノールであり、このはたらきを抗酸化力と呼びます。紫外線は工夫をすることである程度は防げるかもしれませんが、ストレスはわかっていても自分では減らせないことが多いですよね。だからこそ、ポリフェノールを積極的に摂取して内側から美しくなることが重要です。

 

どんな食品に含まれているの?

 

ポリフェノールは身近な食品に含まれていることから人気の美容成分ですが、含まれている食品によって効果が違います。例えば、好きな人ならキレイにもなれて一石二鳥な赤ワイン。これにはアントシアニンが含まれていて、認知症予防に役立てます。

 

そばにはルチンが多く含まれており、高血圧予防に繋がります。大豆には有名なイソフラボンがあり、これは女性ホルモンと似たはたらきをすることから、女性らしいメリハリのある身体づくりに適しています。このように、ポリフェノールは色んな食品から摂取することが可能なので、サプリメントに頼らなくても自然と摂取できていることが多いです。

 

 

ポリフェノールは身体に良いとはよく聞くものの、どんな風に良いのかを知らなかったという場合はこれにて解決ですね。他にもたくさんの食品の中にあるものなので、あなたの好きなものを調べてみると良いでしょう。