ニキビ跡を残さないようにきれいに治すにはターンオーバーを正常にする

ニキビ跡を残さないようにきれいに治すにはターンオーバーを正常にする

ニキビができると気になるのがニキビ跡です。

 

治ったかなと思っても赤みがのこってしまったり、茶色くなってしまったり、ひどいとデコボコとした状態でニキビ跡になってしまうことがあります。ニキビ跡を残さないようにきれいに治すにはどのようにしたらよいのか、その方法の1つは、お肌のターンオーバーを正常にするということです。ターンオーバーが乱れていると、ニキビが治るまでに時間がかかりますし、治っても赤みがなかなか引きません。

 

ターンオーバーを正常にするためには、肌を乾燥させないこと、油分や水分が十分ある潤いのあるお肌で、バリア機能が壊されていない肌を目指すことが大事です。

 

汚れを落としすぎるのもダメですし、汚れが残っていてもニキビのもとを作ってしまいます。肌に優しい洗顔料は、汚れを吸着して潤いは残してくれるものです。クレイ配合のものがおすすめです。保湿は、セラミド配合のもので、肌のバリア機能を高めるスキンケアを選びましょう。ニキビ跡には、ビタミンCも効果的です。美白作用のある成分の中でもニキビや毛穴の引き締めにも良いとされているのがビタミンCなので、ビタミンC配合の美容液を気になる部分に塗りましょう。

 

デコボコのニキビ跡は治りにくいです。美容液などでもデコボコまで治すことは難しいです。デコボコのニキビ跡を治したい場合は、美容皮膚科で行われているレーザー治療がおすすめです。

 

レーザーで肌を生まれ変わらせてデコボコを改善させていきます。時間と費用はかかりますが、確実にデコボコが改善してくれる方法なので、なかなかニキビ跡が改善しない人は美容皮膚科で相談してみると良いでしょう。最近はレーザーも進化していて、少ない回数の照射で満足のいく結果を得ることができたり、レーザーの照射で複数の悩みを解消できるというものもあります。ニキビの赤みもレーザーで改善させることができるので、早く治したい場合は美容皮膚科に相談されるのが良いです。