顔のほうれい線が出来やすい5つの習慣と対策

顔のほうれい線が出来やすい5つの習慣と対策

顔のほうれい線が深くなると見た目の年齢よりも年を取っているような印象を受けてしまいます。

 

 

男女問わず若くハリのある肌を維持していくためにもほうれい線への対策は大切です。顔にほうれい線が出来やすい5個の習慣に対する対策を実践するとほうれい線が深くなる事を抑える事が出来ます。1つ目ですが、日常的に紫外線を受ける場合は、ほうれい線が出来やすいです。屋外で仕事をされている方や屋外スポーツをされている方は、直射日光を浴びる時間がとても長くなります。

 

 

紫外線を肌に受けると水分が不足してしまい肌の劣化に繋がってしまいます。紫外線を受ける環境にある場合は、UVカット効果のある日焼け止めクリームなどを塗って対策をする必要があります。紫外線を受ける量を少しでも抑える事でほうれい線の予防にも繋がっていきます。2つ目は、喫煙する方の場合は肌の血行が悪くなってしまいます。血行が悪くなる事により顔の肌をはじめ身体の全体まで酸素が行き届かなくなります。

 

 

また、肌に良い効果のあるビタミンCも効果が無くなってしまいます。ビタミンCとコラーゲンは、肌を良好に保つ重要な栄養素となりますので、喫煙している場合には禁煙をする事で肌の老化を抑える事が出来ます。3つ目は、寝る方向が一定の場合もほうれい線か出来やすい習慣となります。片方の顔の筋肉に負荷が掛かってしまいほうれい線が出来る要因となります。仰向けやうつ伏せなど顔の一方に負荷が掛からないようにする事も対策の一つです。

 

 

4つ目は、頬杖をつく動作もほうれい線の原因となります。つい頬杖をついてしまう方も多いと思いますが、顔の筋肉に負荷が掛かってしまいほうれい線を深くする原因になりす。癖で行う場合が多いので気を付けて直すと良いです。

 

 

5つ目は、日頃の姿勢です。猫背になっている人や前傾姿勢になっている人は、背筋に緊張がある状態が続き表情筋が緩みがちです。良い姿勢を保つ事で表情筋を引き締めて顔の筋力低下を防ぐ事が出来ます。