柿の成分はビタミンCとカロチノイド色素が多い

柿の成分はビタミンCとカロチノイド色素が多い

柿の成分の特徴はビタミンCとカロチノイド色素が多いことです。

 

なかでもビタミンCはレモンなどと並んで果物のなかでもトップクラスの含有量です。ビタミンCとカロチノイドは風邪やインフルエンザなどの感染症から身を守るだけでなく、皮膚や粘膜を強くする働きがあるので女性の美肌の強い味方と言えます。また、このビタミンCとカロチノイドの組み合わせは2日酔いによく効くことから、お酒の席の前に飲んでおく柿のエキスドリンクなども販売されています。

 

保存はビニール袋に入れて冷蔵すれば1週間は大丈夫です。実がまだ若く、完熟していないものは常温で1週間ほど置いておくとほどよく追熟します。反対に熟しすぎたものは冷凍してヘタの部分をくり抜いて、皮を器代わりにシャーベットとして楽しみましょう。

 

柿にもいろいろな種類がありますが、総じて言えるのはズシリと重みを感じるものが美味しいようです。皮のツヤがよく、ヘタの反対側までしっかりと色づいているものがいいでしょう。ヘタは実にしっかりくっついている方が新鮮です。

 

ところで、甘柿と渋柿の違いはどこにあるかご存知でしょうか。渋柿はタンニンという成分を含んでいるので独特の強い渋みをもたらすのです。この渋みは紙を強くする塗料として使われるだけでなく、プロアントシアニジンという成分が多く含まれているので抗酸化作用が非常に強いことでもよく知られています。秋が深まってくると、干し柿作りの様子が各地で報じられますが、抗酸化作用などという素晴らしい効能があるのです。おせち料理の紅白なますに細く裂いた干し柿を入れて菜果なますにして食べれば、栄養効果抜群です。

 

ドラッグストアなどで柿の葉茶というものを見かけられたことがあると思います。柿の葉を乾燥させた柿の葉茶にも実と同様にビタミンCとフラボノイドが多く含まれているので、高血圧や動脈硬化予防に役立ちます。とりわけビタミンCは女性の愛好者も多いローズヒップと同じくらい含まれていますので、美肌にもお薦めです。